気持ちが沈む病気|うつ病を早く治すには周りのサポートが大事!患者への接し方を知ろう

うつ病を早く治すには周りのサポートが大事!患者への接し方を知ろう

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

気持ちが沈む病気

看護師

真面目な人ほど注意が必要

気分が激しく落ち込んでしまう、食欲や仕事に対する意欲が著しく減少してしまうのがうつ病という病気の特徴です。いわゆる憂鬱な気分が常に続き生活を送るのも仕事に行くのも困難になってしまうというのがうつ病の厄介な点であり、不眠や吐き気などが結構な頻度で続いてしまう方も多くなっています。なぜうつ病になってしまうのかというと、実のところ根本的な原因は現在の医学でも解明されていません。ですが主にストレスや身体の病気、引っ越しや転勤などによる環境の変化がうつ病の発症原因となるパターンが多いとされています。うつ病は真面目な人ほどかかりやすい病気であるとも言われており、真面目なタイプへの接し方ではうつ病治療の妨げになる可能性があるといった特徴もあります。今まで頑張れていたじゃないか、早く元の状態に戻れなどといった励まし方や接し方は病気を悪化させてしまう要因になりえるということなのです。そのためうつ病の患者は病院で医師の診断の下でも治療が最も望ましいとされています。

言葉の選び方が重要

うつ病を患ってしまった方への接し方として重要なのが、無責任で無遠慮な言葉を慎むべきだということが真っ先に挙げられます。ガンバレや応援しているなどだけでなく、いつ治るんだや怠けているだけなんじゃないかといった失礼な言葉を投げ掛けるのだけはやめてください。またうつ病のことをよく理解していないのに適当な改善策を並べることや、自身が理解者であるかのような言葉も言ってはいけない行為です。うつ病の患者への接し方として正しいのは、相手の話を急かさずにゆっくりと話を聞くという待つ姿勢であると言われています。うつ病を自分が治してあげようなどとは思わずに、ただ相手の独白を聞くだけでも病気の解決に協力できるのです。また今まで通りの接し方で軽い散歩やドライブに誘ったり、食事に誘ったりするのもありでしょう。うつ病の患者は普段よりずっとネガティブになってしまっているので、外出することで気分転換になる可能性はとても高いからです。うつ病はストレスを発散させると一時的に症状が改善したように見えることがありますが、再発する可能性もあるので、根本的な解決を望む方は心療内科に行くといいでしょう。