もし家族がうつになったら|うつ病を早く治すには周りのサポートが大事!患者への接し方を知ろう

うつ病を早く治すには周りのサポートが大事!患者への接し方を知ろう

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

もし家族がうつになったら

カウンセリング

周囲が深刻にならないこと

うつ病というのは真面目で几帳面な人がなりやすいと言われています。何事も適当にやり過ごせる人はそれだけ悩み事も少ないので、うつの症状は出にくいのです。もし家族など身近な人がうつ病と診断されたら、接し方に気をつける必要があります。周囲の人間は大きな心で受け止めることが大切です。本人は自分がうつになったことで落ち込んでいるので、周囲も一緒になって悩んだりすると悪影響を与えてしまいます。接し方で大事なのはうつ病が特殊な病気ではなく、今の時代は誰でも発症する可能性があるという考え方をすることです。周囲がそう思うことによって、本人も安心感が生まれ、前向きになることができます。うつ病の治療は心療内科で行われますが、本人が行きたがらない場合があります。そのような時は強制的に連れて行くと逆効果になるので、時間をかけて説得する必要があります。本人が自分で行く気になるまでは、家族を代表して1人が心療内科の医師に相談をするといった工夫も必要です。おおよその症状を医師に伝えれば、色々なアドバイスをしてもらえます。

初期症状に気づくのが大切

もしうつ病にかかったら早めに治療を受けることが大事です。そのためには家族などの周囲の者が初期症状に気づいてあげることです。真面目な人や几帳面な性格の人がなりやすいので、家族の中でそのような性格の人については日頃から接し方に気をつけるようにします。仕事上でうまくいかない時やストレスを感じているような時には、特に注意して見守ることが大切です。例えば急に泣き出したりする時はうつ病を発症している可能性があります。意味もなく涙が出たりする場合も要注意です。そのような時は本人に恐れを抱かせないような接し方をして、心療内科へ連れて行きます。うつ病というのは涙が出るうちはまだ症状が軽いのです。深刻な症状になると涙も出なくなるので、早めに治療を受けさせることが大事です。またうつ病の代表的な症状として睡眠障害があります。夜中に何度も起き出す時や、早朝に目覚めてしまうなどの傾向が出てきた時も周囲が気をつけて見守るようにします。病院へ連れて行く時も、うつ病という言葉は使わないようにすることも必要です。