治せる病気です|うつ病を早く治すには周りのサポートが大事!患者への接し方を知ろう

うつ病を早く治すには周りのサポートが大事!患者への接し方を知ろう

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

治せる病気です

メンズ

気付きにくい病気です

うつ病は、自分自身も他人も気付くのが難しい病気です。実際に、うつ病と診断されれば、家族も職場の人もそれなりの接し方をすることが可能ですが、それがわからないうちは逆に病状を悪化させている場合もあるので、できるだけ早く理解することが必要です。うつ病の接し方の基本は、時間的期限を設定したりしないことや、無理に頑張れと言わないことです。ただし、初期症状のうちは綿密なコミュニケーションによって回復することもあるので、様子がおかしいと思ったら周囲の人が気にかけてあげることが肝心です。どうしても忙しい職場では、それぞれが自分自身で精いっぱいの場合もあるので、一番身近な家族が異変について感じたら、少しでも声をかけるようにした方が良いでしょう。好きな趣味に興味が無くなったり、口数が減ったり、逆に攻撃的になったりしたら、注意が必要なので、勇気をもって心療内科に診療しに行くことも必要です。また、うつ病と診断されても、なかなかそれを受け入れるのが難しい人も多いので、まずは自分自身と向き合うことが重要です。

ポジティブになることです

うつ病を治すうえで最も大切なことは、考え方をポジティブにすることです。最も、その事がうつ病の人にとっては一番難しいのですが、時間をかけてでもその領域にたどり着ければ、完治はかなり早まるでしょう。うつ病の治し方で、とくに人気が高いのは認知療法です。心療内科でも多くの先生が、この治療法を取り入れており、自宅でも訓練できるように本やDVDなどを紹介することが多いです。この方法を行っていくと、本人がメンタルコントロールをしやすくなり、今の自分と現実を受け入れることが可能になっていくでしょう。また、他人との接し方に関しても、最初の頃は、どうしても他人から離れたい気持ちが強かったのが、徐々に日常会話を話すようになり、自分自身のことを相談できるようになっていくのです。このように変化がみられるようになれば、周囲の接し方も段々普通に戻していくことが良いでしょう。過度な否定は禁物ですが、社会復帰するにあたっては、間違った考えはきちんと指導して、理解できるようにすることも大切です。自分ではどのように接したらいいのか自信がない方は、精神科や心療内科の医師に相談してみましょう。または、うつ病専門のカウンセラーでもいいでしょう。彼らは患者の症状や行動パターンを熟知しているので、適格なアドバイスをくれると思います。