うつ病を早く治すには周りのサポートが大事!患者への接し方を知ろう

うつに「がんばれ」は禁句です
このエントリーをはてなブックマークに追加

精神的に悩んだ時は

男性

うつ病はどのような人でもかかる可能性がある疾患で、精神的な問題が大きな原因となっています。うつ病の方との接し方としては、慌てず焦らずゆったりとした気持ちで見守るのが適切な方法です。病院で医師に相談してみても、良い接し方が分かります。

もし家族がうつになったら

カウンセリング

うつ病になるのは真面目で几帳面な人が多いのです。もし家族がうつ病になったら、深刻にならずに大きな心で受け止めることが大事です。深刻な接し方をすると本人がますます落ち込んで逆効果です。うつは早めの治療が必要で、急に泣き出すなどの症状が出たら病院へ連れて行って診察を受けさせます。

大切な人の心の病に対して

医師

早期回復へつなげるために

大切な人がうつ病になったと知った時、これからその人に対してどのような接し方をしていくのが正解なのでしょうか。これを知ることで病気の早期回復が望めるほか、自分自身がうつ病になることを予防できます。まず大切なのは、その人にとって辛い言葉を投げかけないことです。当たり前のことではないかと思われるかもしれませんが、私達が何気なく発した言葉や、良かれと思って発した言葉がその人を傷つけることもあるのです。例えば励ましの言葉などがそうです。一見問題ないように思われるでしょうが、うつ病にかかった本人からしてみれば頑張ってどうにかなる病気ではないわけです。むしろ「応援されてるから早く治さなければ」など、自分を責める方向へ考えが向かってしまうので逆効果になります。同様に、すべて理解しているような言い方や、ともに解決しようとする言い方はご法度です。もちろん責めるような言い方は、言うまでもなくやってはいけません。ではどのような接し方が良いのかというと、まずはちゃんと話を聞いてあげることです。そうすることで本人は考えを整理し、少しずつ前を向いていくことができるでしょう。また、うつ病の人と接するなかで自分自身がネガティブな思考に影響されてしまうことがあります。一人で抱え込まず、身近な人に協力を求めることも大切です。

風邪と同様に考える

誤解を恐れず言えば、うつ病は風邪のようなものです。しっかり栄養と休息をとって、病院に通えば治ります。先ほど挙げた「辛い言葉」の数々もそうです。風邪の人に対して話しかけるには不適切な言葉の数々だとわかっていただけると思います。逆に言えば、うつ病の人への接し方で大切なのは、必要以上に特殊な病気だと思わないことでしょう。腫れ物扱いでは本人も余計に心を病んでしまいます。そして伝染する可能性があるものだとわかっていれば、自分自身のことも対処できます。人を大切にするだけではなく、自らのケアも考えて行動しましょう。また、これも風邪と同様で、精神科の病院へ通うことを勧めましょう。家族や友人に話しにくいことでも医師には話せるかもしれませんし、不安を言葉にして誰かに話すのはうつ病治療に効果的です。さらに薬物治療など、病院でしか行えないことはたくさんあります。あなた自身が、うつ病の人への接し方についてアドバイスをもらうことも可能ですし、積極的に利用していくべきです。

気持ちが沈む病気

看護師

真面目な人ほどなりやすいとされているうつ病は、周囲の無理解で厳しい言葉を投げ掛けられると悪化する可能性があるため接し方が大切です。こちらから言葉を発するのではなく、相手の言葉を待つ姿勢が重要なのだと認識しておいてください。

治せる病気です

メンズ

うつ病は、即効性のある治し方もない非常にデリケートな病気です。しかし、時間をかければ必ず治せる病気です。周囲の人も正しい接し方を理解して、状況に合わせて対応していくことが必要です。本人は自分を受け入れて、ポジティブな思考にしていくことが大切でしょう。

大切な人を見守る姿勢

婦人

気分が落ち込んで精神的に不安定で、体調も悪いうつ病の方に、言ってはいけないことがあります。励ますことや焦らせることや責める言葉や強要する言葉などです。うつ病の方は、その言葉によって、できない自分がますます嫌いになり、自己嫌悪に陥ります。接し方を学ぶことは本人にとっても周りの方にとっても良いことです。